2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月
--.--.--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.03.11(Wed)

BLACK AND WHITE / ABEDON

black and white


ユニコーンのキーボーディスト 阿部義晴・・・こと改め ABEDONのソロアルバムです。

ABEDON・・・いまだに慣れていないんですけどね、この名前。
最初に改名を知ったときには、阿部さん特有の冗談なか~っと思いましたが、マジだったんですよね、ABEDON。
ガチの改名!ずいぶん思い切ったものだな~と思いましたが、まだまだこの人は枯れないなっとも思いました。
この年代になって、心機一転!いやー見習いたいものです。人生、一生チャレンジャーですよネ!

さてさて、このアルバムは2013年にリリースした3枚のシングル(ミニアルバムといってもいいのかもしれませんが)、「R」「G」「B」をまとめたものですね。単に「まとめた」というよりは、本人は最初から、最終的にアルバムとして発表する計画でいたようです。なので、それぞれの作品はちゃんと色がありながら、まとめるとあら不思議・・・見事に一体感のあるアルバムになってるんですよね。

僕は元々ユニコーンが好きで、自分がキーボードをやっているということもあって、阿部さんは常に注目しているんですよね。ユニコーンの中でも。ただ、阿部さんってあんまり、キーボーディスト、ピアニストとして我を出すタイプじゃないですよね。テクニックをひけらかさないというか。プレイヤー志向というよりも、アンサンブル重視な人、そして良質な曲を生み出す音楽家タイプなんでしょうね。
そうかと思うと、このアルバムも実はほとんどの楽器を自分で演奏しているんですよ。
これも地味にすごい(いや、決して地味ではない・・・めっちゃすごい!)ですよ。
バリバリのプレイヤーじゃん!!って感じです。
(民生さんはマルチプレイヤーとして認識されていますけど、ABEDONはそうでもない??)

ABEDONの書くメロディって、フックがあるんですよね。どこか必ず引っかかる。
キャッチーさと、どこか懐かし香りがするというか。ユニコーン提供の曲もそうですし、このアルバムもそんなABEDONワールド全開です。

聴きこめば聴くほど、ハマってしまう良質のメロディ・・・そんなアルバムだと思います。

「Beautiful Day」
もの悲しいイントロから始まる、優しい歌声に伸びのあるサビの歌い上げ。ヴォーカルのABEDONもいいですよね!



白い虹
いや、元気でノリノリの曲もあるんですよ、ABEDONは。
ただ、個人的にこういう、どこか憂いを帯びている曲が大好物なもので、どうしてもこういう曲を選択してしまいます。






励みになります。よろしくお願いします。

音楽(全般) ブログランキングへ



スポンサーサイト
23:36  |  [ジャンル一覧]J-POP  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.03.07(Sat)

STARS AND THE MOON / THE SQUARE

STARS AND THE MOON

というわけで、THE SQUAREのCDレビューです!
とにかく作品数が膨大にありますから、何から手を付けていいのか・・・って感じもしますが、ここは自分の好みとその時の気分で決めさせてもらって進めていきます。というわけで、今回は1984年にリリースされた「STARS AND THE MOON」です。

【当時のメンバー】
 G : 安藤まさひろ
 S : 伊藤たけし
 K : 和泉宏隆
 B : 田中豊雪
 D : 長谷部徹

どうですか。このジャケット。自分なんかはこれだけで、ご飯何杯がいけちゃいますね。大好物です。
しか~も、ジャケットと音楽が非常にマッチしている一枚なんです。(なんか部屋に飾れそうですよね)

このアルバムがリリースされる前のTHE SQUAREのアルバムは、結構明るめな曲が多く、ジャケットも、海辺で戯れる水着姿の女性(どんなシチュエーションだ(苦笑))・・・というのが多かったんですけど、このアルバムではマイナーで書かれた曲の割合も多く、イメージが一新されたとして話題になった一枚です。(とはいってもこの時点ではまだまだ一般層への知名度は低かったと思いますが)
自分はどちらかというとマイナーキーの曲が好きですので、このアルバムを紹介したかったのかもしれません。

さてさて、曲の方はというと。

1.ITOSHI NO UNAJI
この時点では脱退していたキーボード久米さん作曲の曲です。この曲はメジャーキーでとっても明るく、ウキウキした気分になる曲ですね。伊藤たけしのリリコンの音色がいいです!サビのメロディが印象的なんですけど、ギターソロは一転ブルースフィーリングあふれてて対比が面白いな~と思いました。オープニングを飾るにふさわしい曲ですね。

2.MAYBE I'M WRONG
アダルトな雰囲気が漂うロマンティックな曲ですね。和泉さんの弾くローズ?の流麗なソロに憧れるな~。

3.CRY FOR THE MOON
  キーボード和泉さん作曲。理屈抜きで好きです。やっぱ和泉さんだわ。タイトルにMOONってついてますし、ジャケットとマッチするし、このアルバムを象徴している曲かもです。ドラマティック!

4.MISTRAL
  ミストラル・・・意味はフランス南東部にふく地方風とのこと。曲冒頭の風のSEがそうなんでしょうね。フランスが舞台の曲・・・って意識で聴くとそう思えてく・・・る?・・・かも!(笑)ベースソロが田中節?

5.DESTINATION
  イントロはなんだかシンフォニックでクラシックですね。サビを中心にギターとサックスがユニゾンしていますけど、それがまたメロディを一層印象深くしていくれていますね。

6.OVERNIGHT SENSATION
  これまた明るくて元気がでてくる曲です。運動会とかのテーマ曲にいいかも、あとダンス用の曲とかにも合いそう?・・・すいませんちょっとそう思ったんです(苦笑)・・・とにかくなんだか頑張れちゃいそうな曲と思います。

7.MIST OF TIME
伊藤さんのリリコンが光る一曲ですね!中盤のアコースティックギターによるギターソロ好き。細かいパッセージをキレイニ弾ききる安藤さんうまいな~と。あとほとんどの曲にいえますけど、背後に流れるパットの音色が地味に生きてて、これが幻想的というか、この曲のテーマをうまく表しているな~と感じました。

8.ENRAI
  ラストを飾るは、和泉さん作曲のバラードです。
  これはもう、泣いちゃいそうです。なんでこんなに美しいんでしょうか・・・。なんか遠い日の夏の日というか・・・。
  遠雷・・・そういうことなんでしょうかね。
  夜に何も考えず聴いていない、そんな気になる名曲です。めっちゃ好き。


いやー、このアルバムは捨て曲なしですね。ほんとに。THE SQUARE中期の名盤だと思います。









励みになります。よろしくお願いします。

音楽(全般) ブログランキングへ





10:51  |  [ジャンル一覧]フュージョン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.03.06(Fri)

T-SQUAREのBOXセットを買っちゃいました!

日本を代表するフュージョンバンドといえば・・・そうT-SQUAREですよね!
(という前提で進めちゃいますね!でもキャリア、実績、知名度、テクニック、その他もろもろ・・・異論は少ないと思うんですよね。)

個人的にも大・大好きなバンドなのですが、このバンドは1976年デビューなので、もう40年くらいのキャリアがあります。この日本でインストのバンドがこれだけ長く活動できているというのも、ある意味驚異的だと思いますし、それだけのファンもつけているんですよね。活動期間が長いってことは、発表した作品の数もすごいです。オリジナルアルバムだけで40枚!!
T-SQUAREと一口でいっても、かなりのメンバーチェンジを経て、いろんな時代があるわけですし、音楽性なんかも時代によって違ったりしてますから、好きとはいってもすべてのアルバムを持っているわけではなく、むしろ持ってる数は少ないです。

そんな自分が少し前から気になっていたものが、T-SQUAREの初期から30周年あたりまでのアルバムをまとめたBOXセット、その名も THE SQUARE~T-SQUARE『THE BOX』!!

これを購入したんです!
T-SQUARE_1.jpg

BOXセットをオープン!
T-SQUARE_2.jpg

中はこんな感じ♪
T-SQUARE_3.jpg


いや~もうたまりませんな(@△@)
44枚のCDと1枚のDVDがここに!すぐに聴ける環境にあるってのはうれしいもんですね!
おまけにこのBOXセットは、デジタルリマスタリングされていて音質もかなり向上してます。
イヤホンで聴くと音の微妙なニュアンスまで感じることができます。正直重複するCDもありますが、これだけでも買った甲斐があるってもんです!

と、なんだかテンションが上がっているわけですが(苦笑)

最近結構聴きこんでいますので、1枚ずつレビューしていきたいな~って思っています♪



音楽(全般) ブログランキングへ



00:31  |  [ジャンル一覧]フュージョン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2015.03.04(Wed)

ん?数年ぶりの更新(^^;)

・・・いやーずいぶんと放置したもんです・・・

いや、放置というレベルではないですね。6・・・7年ぶりくらいですかねぇ・・・だいたい(苦笑)


と、いうわけで、ずいぶんと更新を行っていなかったこのブログですが、なんの気まぐれかまた更新していきたいな~と思いまして、こうして書き込んでおります。
この間いろいろありましたね。以前ブログで頻繁に触れていた子供たちもずいぶんと大きくなりました。
音楽聴くのも、やるのも、相変わらず好きで続けています。

ようは、基本的にはあんまり変わってないんですよね。

これから、音楽のことはもちろん、子供の成長のこと、その他いろんなことを・・・細々とでも長く続けていければなっと、思っています。

23:22  |  [その他]日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.08.02(Sat)

Rising / RAINBOW

【ジャンル:HM/HR】

RAINBOW

ディープ・パープルを脱退したリッチー・ブラックモアが自己の音楽を追求するべく結成したレインボーですが、ファーストアルバムはエルフのメンバーを加入させたような感じで、楽曲は粒揃いなんですが演奏面、サウンド面の貧弱さは否めないですねぇ(まぁ、これはレインボーのアルバム全般に言えることですが…そんな中でもヴォーカルのロニー・ジェイムス・ディオはインパクトありました!)

そんなこんなで、一般に評価は芳しくない1stですが、続いて出した2nd…

これは、ハードロックの教科書です!!!
これを聴かずして、ハードロックを語るなかれってやつですね。

1stからメンバーを一新しましたが、中心メンバーは
リッチー(G)、ロニー(Vo)にコージー・パウエル(Dr)のいわゆる「三頭政治」時代です。
この3人が揃って、すばらしい音楽が生まれないわけないです。
(コージー亡き今は、このメンバーでのレインボー再結成は不可能なんですよねぇ…)

このアルバムに収録されている楽曲は6曲と少なめなんですが、1曲1曲の密度が高く、高い熱を発しています。
1曲目の「Tarot Woman」のイントロのシンセ。このフレーズで、すでにこの世界観を表しているようです。極めつけはハードロック史上に残る名曲「Stargazer」から「A Light In The Black」への流れですね。重厚なギターリフに、力強いヴォーカル、それらが絡みつく魅力的な曲展開の「Stargazer」…まるで中世ヨーロッパの世界を感じてしまいます。
一転、「A Light In The Black」は疾走感のあるギターリフが走ります。圧巻はキーボード、ギター合わせて4分近くあるソロ!中での個人的に好きなのは、キーボードとギターがユニゾンで奏でるキメフレーズですね。アドリブっぽいソロのあと、またキメフレーズに戻るあたりは、リッチーの得意とするところですね。

まさに、ハードロックの中でもシンフォニックといわれる、このてのジャンルの様式美を確立した名盤ですね。
あと、このジャケット好きだなぁ…仕事場で仕事関連のポスターを作ることになって、この虹をつかむジャケットからパクらせていただいたのは、今ではよい思い出です。


【視聴はこちら】
Rainbow - Rainbow Rising - A Light in the Black



テーマ : HR/HM - ジャンル : 音楽

タグ : ディープ・パープル リッチー・ブラックモア レインボー

22:37  |  [アーティスト別]RAINBOW  |  TB(1)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。